2018年アニソン個人的EDランキング

気が向いたのでEDもやります( ´・‿・`)(
あんまEDは聴かないので15位から( ・`,_ゝ・´)


【15位 Kl-te Ml-te HIT PARADE! /パーリィ☆フェアリィ/叛逆性ミリオンアーサー】

叛逆性ミリオンアーサー ED中毒になる動画 - ニコニコ動画




軽快なテクノポップサウンドが特徴的な楽曲。
楽曲を手がけたTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDさんは、「ウィッチクラフトワークス」や「トリニティセブン」でも曲を手がけています。
早口で歌うところが多いのでカラオケは難しい( ・`,_ゝ・´)


【14位 未明の君と薄明の魔法/やなぎなぎ/色づく世界の明日から】




アコースティックギターの音色が印象的な始まりの楽曲。
やなぎなぎさんの静謐な歌声もあいまって、荘厳でどこか悲しさを感じさせる曲になっています。
本編は映像がキレイ( ・`,_ゝ・´)(


【13位 SHADOW MONSTER/土岐麻子/グラゼニ




ディスコサウンドを彷彿とさせる楽曲。
土岐麻子さんの声に少し加工を施して、楽曲により馴染むようにしているのもすばらしい。
グラゼニは結構おもしろい( ´・‿・`)


【12位 youthful beautiful/内田真礼/SSSS.GRIDMAN】




内田真礼さんは『たくのみ。』のOPもなかなか良かったですが、今年はこちらの楽曲も素晴らしかった( ´・‿・`)
タイトルの通り、青春特有の疾走感や揺らぎを見事に表現したメロディになってますね( ´・‿・`)

【11位 Ref:rain/Aimer/恋は雨上がりのように




Aimerさんの安定した楽曲( ´・‿・`)
雨の情景をピアノのパッセージにより表現し、同時に本編で恋に悩むアキラの心情を歌った曲になっています。


【10位 To see the future/レン(楠木ともり)/ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン




レン&香蓮の気持ちを分かりやすく歌詞にしたような楽曲ですね( ´・‿・`)
クラブミュージックをベースにした軽快で聴きやすい音作りも良いものです。

とりわけ、サビの前の少し転調気味でリズムを緩めるところは、疾走感のあるサビへの助走のようなパートで素晴らしい( ´・‿・`)
SAOよりGGO( ・`,_ゝ・´)(




【9位 帰る場所があるということ/悠木碧/ピアノの森



あらためて悠木碧さんの声幅の広さには驚かされますね。正直最初聴いたときは悠木碧さんだと全く気づきませんでした。
優しく包み込むような歌声が印象的な楽曲で、サビの晴れやかなメロディが聴くたびに温かい気持ちになりますね( ´・‿・`)


【8位 ケダモノダモノ/キツネツキ/キリングバイツ




あのこはどっからみーてーもー けだものだーもーのー

のフレーズとギターリフが印象的過ぎて好きですね( ´・‿・`)(
楽曲は9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎さんなので9㎜の楽曲です(ざっくり


【7位 Eternal Star/亜咲花/ISLAND】




安定の亜咲花さん( ´・‿・`)
英語詞の表現力がとても素晴らしいのはもちろんですが、疾走感と清爽感にあふれたこの楽曲を見事に歌いきっておられます( ´・‿・`)


【6位 HALF/女王蜂/東京喰種:re




クセのある楽曲が特徴的な女王蜂さんですが、この楽曲は聴きやすい部類に入ると思います。
ずっしりとした重低音としっかりとしたリズム刻みで進行される楽曲なんですが、メロディはなかなか親しみやすく作られています。
それでいながら、女王蜂ならではの世界観が東京喰種に非常にマッチしていると感じました( ´・‿・`)


【5位 ワイズマンのテーマ/ワイズマン/ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-





ワイ!!ズマ!!!ンーッ!!!!

これだけでもう上位確定ですね( ´・‿・`)(

ワイズマンは本編ではラブリーチャーミーな敵役(ポケモンでいうたらロケット団的立ち位置)ですが
この楽曲はアップテンポなナンバーで、ワイズマンのどたばたした日常や雰囲気を見事に表現していますね( ´・‿・`)


【4位 Another colony/TRUE/転生したらスライムだった件




TRUEさんの曲にハズレはない( ´・‿・`)(
特にこの楽曲は最初から最後まで一貫して素直な心を素直な気持ちでストレートに表現した歌詞が印象的で
それをTRUEさんが力強くのびのある歌声で歌っているのが本当に聴いていて心地よいと思いますね( ´・‿・`)


【3位 スキノスキル/Wake Up, Girls!/デスマーチからはじまる異世界狂想曲




田中秀和さんはやっぱすごいわと思った曲ですね( ・`,_ゝ・´)(

アイルランド民族音楽などで使われるブズーキの音色が印象的なケルト調の楽曲なんですが
しっかりと田中秀和さんお得意の半音階スケールを曲全体のバランスを崩すことなく潜り込ませている。
3連符進行のAメロから4連符に変わるところもスムーズで、非常にレベルの高い楽曲ですね( ´・‿・`)

なおデスマ次郎( ・`,_ゝ・´)


【2位 インキャインパルス/本田華子(CV:木野日菜)外/あそびあそばせ





※あまりにも怨念や憎悪がこめられている楽曲のため、陽キャリア充だと思われる方の視聴は心象に大変な危険を伴う恐れがあります。
 視聴には自己の責任において行ってください。


私は最初この曲を聴いたとき、頬から一筋の涙がつたった…
いまだかつて陰キャの心からの叫び、苦しみ、諦め、そして憎しみを体現した曲があったであろうか…

陰キャによる魂の叫びが繰り返される歌詞の中、kepy & KSKNさんがシャウトで参加しておりますが
華子たちもサビのデスボをしっかりとやってるのがほんとうに素晴らしい。

とりわけ華子役の木野日菜さんのデスボは鬼気迫るもので、間奏の

「世界の戦争を無くすのは誰か?世界を平和に導くのは誰か?
それはボイン様ですかー?www
はーい、違いまーす!wwww
全っ然違いまーす!wwwww 」

の部分は涙なしには聴くことはできません( ・`,_ゝ・´)




というわけで1位はこれです。
















【1位 LOVE MEN HOLIC/西沢幸奏/ラーメン大好き小泉さん




ラーメンホリックなので仕方ない( ・`,_ゝ・´)(
Aメロで小刻みにリズムを刻むギターリフやスラップベースのアクセントは聴いていて非常に心地よく、ラーメンに関するワードを多く盛り込んで本編に忠実なアニソンになっています。
同時に「ラーメン中毒」と「恋愛中毒」のダブルミーニングを実現した歌詞にもなっている楽曲です( ´・‿・`)

西沢さんは今まではどちらかといえばラウドロックのような激しさのあるロックを歌ってきたイメージがありますが
今回は軽快なポップロック調の曲で新たな側面を見せてくださったのも素晴らしいですね。



というわけで1位はLOVE MEN HOLICでした( ´・‿・`)




おまけはない( ´・‿・`)(

2018年アニソン個人的OPランキング

とりあえずOPを発表します。
EDはやる気になれば(^O^)(


Q.毎年やってるけど意味あるん?

A.自己満です


Q.てめえにアニソンの何がわかるんだ

A.ぱしへろんだす(^O^)



曲名/歌手名/アニメタイトルの順です。

【20位 Early Days/暁月凛/実験品家族】



暁月凛さんによる透明感のある楽曲。
サビのメロディも好きですが、Bメロのコードが特にお気に入り(*'▽')
本編は結構癖のあるキャラが出てくるので好き嫌い分かれると思います( ・`,_ゝ・´)


【19位 CLEAR/坂本真綾/カードキャプターさくらクリアカード編



カードキャプターさくらのまあや曲といえば「プラチナ」が非常に秀逸ですが
CLEARもまたそのプラチナの系統を継ぐ楽曲といえましょう。

優しくも明るいまあやの声とメロディが元気づけてくれる曲ですね。

【18位 アザレア/nano.RIPE/citrus



短調のメロディで哀愁ただよう始まりからサビに向かって雲を突き抜けるような楽曲。
nano.RIPEさんもなかなか息が長いので、これからも頑張っていただきたい(*'▽')
あとcitrusは健全な作品です( ・`,_ゝ・´)

【17位 永遠のひとつ/田村ゆかり/ISLAND】



ピアノのパッセージがきらめく楽曲は基本的に好きですが、夏の島の光景を思い起こさせるような彩りのある曲で好きですね。
サビの爽快感が今すぐに清涼飲料水を買って飲みたくなる気分になります( ´・‿・`)(謎

【16位 Danger in my 通学路 /三谷裳ちお(大空直美)ほか/ちおちゃんの通学路



出だしのスラップベースからギターのリフが非常に魅力的な楽曲ですね。
楽曲自体の疾走感や、歌詞のギャグ度もあいまって非常にバランスの取れたアニソンだと思います。
チャックあいてんぞのところはぜひOPアニメーションを観ていただきたい( ・`,_ゝ・´)


【15位 asphyxia/Cö shu Nie/東京喰種:re



東京喰種のOPはなかなか特徴的な楽曲が多かったですが、この楽曲は歴代の中でも屈指のリズムの難しさとメロディの
難解さが際立ちます。その中でも楽曲全体のバランスを失うことなく、構成を維持しているのが素晴らしい。


【14位 徒花ネクロマンシー/源さくらほか/ゾンビランドサガ】



非常にメロディがアニソンらしい楽曲ですが、ブラスの音色が効果的に使われています。
OPのアニメーションでは語りだしやサウンドエフェクトが加えられて魅力が増しています( ´・‿・`)
本編は佐賀の宣伝アニメからだんだんと好きになってきた( ・`,_ゝ・´)

【13位 Star light, Star bright /ナノ/CONCEPTION】



今年のナノさんはかくりよの宿飯OPで和調の曲を発表したり、また新たな顔をみせてくださいました。
この楽曲はペンギンリサーチの堀江晶太さんによる楽曲で、疾走感と英詞がうまく融合したナノさんにぴったりの曲です。

本編はゆるさんぞ(*'▽')(

【12位 17才/ハルカトミユキ/色づく世界の明日から】



出だしから透き通るようなコーラスと優しいギターの音色が印象的な楽曲。
ハルカトミユキさんの優しくも力強い歌声が聴いていて心地よい。
OPのアニメーションも非常にきれいなので楽曲とマッチしてますね( ´・‿・`)


【11位 フィクション/sumika/ヲタクに恋は難しい



バンドにキーボードがいるバンドは当たり(適当
今年はsumikaさんの楽曲が人口に膾炙した年だと思いますが、この楽曲もまたクオリティが高い。
何より口ずさめるようなキャッチーなメロディなのが良い( ´・‿・`)


【10位 君のせい/the peggies/青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない】



ガールズバンドのお手本のような楽しいメロディの曲。
サビの「君のせい」の反復がなかなか強く印象に残ります。
あと「余裕ぶっこいてる君に」の歌い方が非常に好きです( ´・‿・`)

【9位 NOISY LOVE POWER☆/大橋彩香/魔法少女俺



へごちんの曲は基本的に良い( ´・‿・`)(
最初から最後までテンポの良い曲で、合間のかけ声も良いアクセントになっています。

【8位 UNION/OxT/SSSS.GRIDMAN】



オーイシさんは個人的に好きなんですが、この楽曲は本編にぴったりですね。
サビの「僕らの世界が何者かに侵略されてるぞ」のメロディラインの上げ下げが非常に良く、階段を上るように「ぞ」まで駆け上がるのが
盛り上がりを強調してますね。
フルだとCメロも良いのでフルでの視聴をおすすめします。
「君を退屈から救いに来たんだ」
アカネたそはよ救って(*'▽')(

【7位 Keep the Heat and Fire Yourself Up/ Fear, and Loathing in Las Vegas/覇穹 封神演義



基本的になんちゃらベガスさんの曲はOPパートで聴いたときとフルで聴いた
時の曲の印象が全く違うんですが、この楽曲はその中でもハンター×ハンターのJust awakeと同じくらい全体的なメロディ部分が多く、中華風の音色も心地よいのでアニソンとしても本編にマッチしていたと思います。(全体を聴くとやっぱりなんちゃらベガスさんや!となりますが)

なお本編はあまたの封神演義愛好者を地獄のどん底に叩き落しました( ・`,_ゝ・´)(

【6位 Bright Burning Shout/西川貴教/Fate/EXTRA Last Encore】



こういう熱い曲を待ってたんや!(*'▽')(唐突
作詞をユニゾン田淵智也さん、作曲を神前暁さんという贅沢な制作陣で紡がれた楽曲は、最初から最後まで哀愁に満ちた熱い曲でした。
ここに西川さんの力強い歌唱力が合わさって、非常にアニソンとして魅力的な曲になっています。

昨今、今までの楽曲との重複や類似を避けるために意図的にメロディやリズムをおかしな進行にしたりする曲がみられますが、奇をてらわない進行で少し手間をかけるだけでこういうアニソンができるのだと感服しました。

【5位 ふたりの羽根/YURiKA/はねバド!



YURiKAさんの曲にははずれがない( ´・‿・`)(適当(水野良樹さん提供曲なので残当
全体的に爽やかな曲調で、躍動するOPアニメーションと非常に相性が良い。
Bメロの「同じ空へ」のメロディが伸びてくるのに対し、サビのメロディはリズムが強調されており、Bメロとの場面転換にメリハリが
生じています。

この楽曲のようにさぞかし本編も爽やかなスポーツものなのでしょう(*'▽')(棒読み



【4位 カラーズぱわーにおまかせろ!/ カラーズ☆スラッシュ/三ツ星カラーズ



カラーズの三人も周りの大人たちもみんなよいひと、そんな三ツ星カラーズの世界観をふんわりとした曲調で表したのがこのOPです。
作詞は安定の畑亜貴さんで、さすがカラーズにぴったりの歌詞になっています。

はよ続編(*'▽')(


【3位 Eclipse / 蒼井翔太/デビルズライン



「おーい!どうしたんだーい!」でおなじみの蒼井翔太さんの楽曲( ´・‿・`)(
作詞作曲は上松範康さん。全体的にダークなロックテイストの曲調ですが、蒼井翔太さんだからこそ可能な音程の幅のある楽曲になっています。
フルで聴くと最後のほうにいたってはかなり高音になるのでカラオケではむずかしい( ・`,_ゝ・´)



【2位 SHINY DAYS/亜咲花/ゆるキャン△



洋楽のオマージュともとれるアップテンポなナンバーに、亜咲花さんの英語力と歌唱力が冴えわたる
ゆるキャンのはじまりにぴったりの曲ですね( ´・‿・`)

キャンプの楽しさが光景として浮かんでくるような歌詞と曲調は、なでしこの気持ちを歌にしているのかなと思わせてくれます。
そらテントも飛びますわ( ´・‿・`)(





さて、1位はこの曲です。











【1位 凛/ASCA/グランクレスト戦記



最初の荘厳なコーラスで既に鳥肌が立ちますが、その後の展開も名曲と呼ぶにふさわしい。

Aメロの静かな始まりから、Bメロに向かって徐々に激しさを増し、サビで一気に解き放つ。
この流れが自然すぎて思わず万雷の拍手をしたい気持ちですね。

サビの一騎当千たるメロディの流れは、グランクレスト戦記の後半、物語が激動するさまを体現しており、アニソンとしても非常にクオリティが高いといえましょう。


というわけで1位はグランクレスト戦記OPでした( ´・‿・`)

























【番外編】


太った〜( ^)o(^ )

太った〜( ^)o(^ )(ちがいます

生存

前回の更新から6年の歳月が流れた。

しろめしは大首都の行く末を見守りながら安らかな眠りを迎えた。



現在、大首都はイオ○モールに支配されている。


人々は休日に何もすることがなく、只闇雲にイオ○モールを彷徨う。


そして充実した一日を送ったという意識を植え付けられているのだ。


だが、周りをよく見てほしい。


モールの周辺は荒廃し、温羅者という奇怪な踊りを踊る者たちが現れる始末。


今こそ目を覚ますとき。


現実を見るんだ…





























6年もたって何から始めれば良いかよくわからなかった結果がこれだよ( ^)o(^ )



Twitterで気軽に適当につぶやくのが性に合ったんでしょう。ブログで長文をかくのが億劫になって見事放置。


現状ですが、駅メモとかいうソシャゲにハマり旅行三昧。
QMAはほぼ休止状態( ;∀;)


さて、mixiでは年末に個人的なOPEDランキングを上げてたんですが、そのmixi自体がほぼ廃墟状態で誰もいない。

とりあえずこのブログのほうにランキングをのせたろかと思い、のぞいてみました。


ついでに、昔の自分の日記を見たった。



顔文字多っ!!!!!!!
読みにくい!!!!!!!



もっと簡潔に書ける内容ばかりですね。

ところどころ大会の長文日記とか書いてますけど、よーこんなに書いたなと思うくらいですよ。

活字嫌いで本も人生で数十冊くらいしか読んでないですし。


昔、小学校の読書感想文とか夏休みの課題でありましたけど、ありゃー一番の苦痛でしたね。

筆者の気持ちを考えながら自分の感想を述べなさいとか無理でしょ。

「なにが筆者の気持ちじゃ、おもしろいかつまらんくらいしかないわ。」

といつも思ってましたわ( ´・‿・`)


食べ物の感想とかも長ったらしく述べる人いるじゃないすか。あれもどーかと思いますよね。

食べたら「美味かった」「微妙やった」とかでええんじゃないかと思いますよね。



「ンホォ.。。このスープはトリュフオイルを表面に浮かべることでフレンチの要素を活かしたヌーベルシノワに似た斬新なスタイルを演じておりますな。
ブホォォォ!!!そしてこの全粒粉麺に加水率の高めなモチ感。低温調理チャーシューの輝き。全体的な一杯の一体感はさながらシルクドソレイユのよう。」


などどラーメンを食べながらぬかすやつとかやばくないですか。

僕なんですけどね。









というわけでOPEDを週末くらいに載せる予定(唐突に終わる)

告知

広告に埋もれつつあるブログですが、告知とか。

12月8日(土)にアミパラテクノランドで賢竜杯予選があります。

詳しくは下の公式ブログをご覧ください
http://qma-techno.seesaa.net/


ここに載せることで宣伝力があるかどうかは疑問ですが_(:3ゝ∠)_(

忘却の空

すっかりここの存在を忘れていました(

mixiも月1更新になったし、ツイッターでつぶやいてれば満足しているのでこういうことに

一番大きいのが大会に出なくなったことですね。

大会に出ないとネタがない(^ o ^)(

というわけでこれからもtwitterでよろしくおねがいします(こいつ

日常

というわけで「日常」のアニメ第1話。


原作のあの微妙な雰囲気や間をどう表現するのか非常に気になってましたが、まあそれなりに頑張っていたのではないでしょうか(


後は声優がもうちょっとはっちゃけてくれれば。


ギャグマンガ日和名塚佳織並に壊れてくれれば満足です(


しかしこの作品はやはり好き嫌いが分かれるのか「つまらん」という感想が結構多いですね。

まあ自分も原作の最初らへんはそんなに面白いと思わなかったので暫く観続けることをオススメします(←←